如意輪観音

広告

広告

如意輪観音とは

最終更新
2007-06-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/thought/hotoke/nyoirinkannon.html#what

如意輪観音は「にょいりんかんのん」と読み、変化観音の中でも人々のあらゆる願いを叶えてくれるとされている。「如意」とは意のままに財宝や福徳をもたらす如意宝珠を指し、「輪」は煩悩を打ち砕く法輪を指すとされる。このように福と智を授け、悟りへの道を開こうとする役割を持つとされる。

顔が1つと腕が2本の姿(一面二臂)と顔が1つと腕が6本の姿(一面六臂)の姿のどちらかであらわされることが多く、二臂の場合は右手を頬にあてる思惟手をとる。また、六臂の姿をとる場合には、右第1手は頬に手をあてて思惟相を示し、右第2手は胸前で如意宝珠を、右第3手は外側にたらして数珠を持つ。左第1手は掌を広げて地に触れ、左第2手は蓮華のつぼみを、左第3手は指先で法輪を持つ。原則として坐像であり、方膝を立てて座る六臂の姿が多いとされる。

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年08月26日 最終更新:2007年08月26日