韋駄天

広告

広告

韋駄天とは

最終更新
2007-08-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/thought/hotoke/idaten.html#what

韋駄天は「いだてん」と読み、サンスクリットは「スカンダ【Skanda】」。韋陀、韋天将軍とも言われる。インド神話では「スカンダ」(シヴァ神の子、ガネーシャ神の弟)とされる。仏教に入って仏法の守護神となり、特に伽藍を守る神とされている。食料調達に長けているとされ、禅宗寺院の庫裏に祀られることも多い。また小児の病魔を除く神ともいわれる。四天王の増長天の従えている八将軍の主領とされ、三十二天中の首位を占める天部神。釈迦如来が入滅した後、捷疾鬼が仏舎利の一部を奪って逃げ去った時、これを追って取り戻したという説話が有名である。これは経典にはない俗説とも言われているが、このことからよく走る神として知られ、転じて、足の速い人のたとえにされる。

甲冑を着けた姿で合掌し、その手に宝棒か宝剣を乗せている場合が多い。

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年08月26日 最終更新:2007年08月26日