ローレンシウム【Lawrencium】

広告

広告

ローレンシウムの基本情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/lr.html#basic

ローレンシウムの一般特性

名称/記号/番号
ローレンシウム / Lr / 103
分類
アクチノイド
族/周期/ブロック
3 / 7 / d
密度/硬度
kg・m-3 / 
単体の色
光沢のある銀白色(推定)

ローレンシウムの原子特性

原子量
260.1053amu
原子半径(計測値)
不明
共有結合半径
不明
VDW半径
不明
電子配置
[Rn]5f14 7s2 7p1(推測)
電子殻
2, 8, 18, 32, 32, 9, 2
酸化数(酸化物)
3
結晶構造
不明

ローレンシウムの物理特性

固体(推定)
融点
1900K(1627℃/2961°F)
沸点
不明
モル体積
不明
気化熱
不明
融解熱
不明
蒸気圧
不明
音の伝わる速さ
不明

その他

クラーク数
不明
電気陰性度
(ポーリング)
比熱容量
不明
導電率
不明
熱伝導率
不明
イオン化エネルギー
470kJ・mol-1

ローレンシウムのその他情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/lr.html#basic

ローレンシウムの特徴

アクチノイド系列最後の元素。超ウラン元素。安定同位体は存在せず、半減期も非常に短い(ほとんどの同位体が半減期3分未満)。一番半減期が長いのはローレンシウム262で3.6時間。原子価は3価。重イオン線型加速器で、カリホルニウムから合成される。

ローレンシウムの歴史

1961年、カリフォルニア大学のギオルソ等により、重イオン線型加速器を使って人工的に作られた。この時作られたのはローレンシウム258で半減期が、4.2秒しかなかった。発見者らは元素記号Lwを提案したが、1963年にLrになった。

ローレンシウムの用途

その他

サイクロトロンの発明者、アメリカの物理学者アーネスト・ローレンスから命名。

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年04月26日 最終更新:2007年04月26日