ベリリウム【Beryllium】

広告

広告

ベリリウムの基本情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/be.html#basic

ベリリウムの一般特性

名称/記号/番号
ベリリウム / Be / 4
分類
アルカリ土類金属
族/周期/ブロック
2(IIA) / 2 / s
密度/硬度
1848kg・m-3 / 6.5
単体の色
銀白色

ベリリウムの原子特性

原子量
9.01218amu
原子半径(計測値)
112(-)pm
共有結合半径
90pm
VDW半径
不明
電子配置
[He]2s2
電子殻
2,2
酸化数(酸化物)
2(両性酸化物)
結晶構造
六方最密充填構造

ベリリウムの物理特性

固体(反磁性)
融点
1551.15K(1287℃/2349°F)
沸点
3243.15K(2469℃/4476°F)
モル体積
4.85×10-3m3・mol-1
気化熱
292.40kJ・mol-1
融解熱
12.20kJ・mol-1
蒸気圧
不明
音の伝わる速さ
13000m・s-1(293.15K)

その他

クラーク数
0.0006%
電気陰性度
1.57(ポーリング)
比熱容量
1825J・kg-1・K-1
導電率
31.3×106m・Ω
熱伝導率
201W・m-1・K-1
イオン化エネルギー
第1:899.5kJ・mol-1/第2:1757.1kJ・mol-1/第3:14848.7kJ・mol-1

ベリリウムのその他情報

最終更新
2007-04-26T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/science/element/be.html#basic

ベリリウムの特徴

銀白色の金属で、空気中では表面に酸化被膜が生成され安定に存在できる。常温では脆いが、高温になると展性、延性が増す。酸にもアルカリにも溶ける。

ベリリウムの歴史

1797年にルイ=ニコラ・ヴォークランによりベリリウム酸化物が緑柱石の中から発見された。その後1828年にフリードリヒ・ヴェーラーとアントワーヌ・ビュシーにより独立に単離なされた。

ベリリウムの用途

その他

緑柱石(beryl)から命名。ベリリウム塩類が甘みを持つ事から、かつてはグルシニウム【glucinium:ギリシア語で甘さを意味するglykysから】と呼ばれた。極めて毒性の高い物質で、人体に入ると特に深刻な慢性肺疾患を引き起こす。また、ベリリウムおよびベリリウム化合物は、WHOの下部機関IARCより発癌性がある(Type1)と勧告されている。

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年04月26日 最終更新:2007年04月26日