アルバムの語源

広告

広告

アルバムとは

最終更新
2007-10-31T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/language/etymology/a/album.html#what

読み(正かな遣い):品詞区分

あるばむ(あるばむ):名詞

アルバムの意味

(1)写真・切手などを貼って保存するための帳面。

(2)ブック型のレコード入れ。

(3)いくつかの曲を集めて作ったレコードや CD。

アルバムの語源や由来

最終更新
2007-10-31T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/language/etymology/a/album.html#etymology

「アルバム」の語源は、ラテン語の「白い【albus】」の中性形【album】。そこから転じて、何かを貼り付ける目的で白紙を束ねた「白いページの本」を指して「アルバム」と呼ぶようになり、写真の発明以前である1600年代には既に用いられていたとされる。

今日のように、いくつかの曲を集めて作ったレコードやCDを指して「アルバム」と呼ぶようになったのは、当時のSP【Standard Playing】盤は最長でも3、4分の長さしか再生できなかったため、長い曲を一纏めにしたり全集のようなものを作る際に、SP盤を入れる紙袋を束ねて本のように開く「アルバム」のような冊子が作られたことに由来する。それぞれの紙袋には、中央に穴が開けられてレーベルを直接見られるよう工夫がなされており、まさにアルバムを連想させる形状であった。

ちなみに、スイスの山「アルプス」も「雪に覆われた白い山」のイメージで語源は同じである。

参考文献

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年10月31日 最終更新:2007年10月31日