秋茄子は嫁に食わすなの語源

広告

広告

秋茄子は嫁に食わすなとは

最終更新
2007-11-13T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/language/etymology/a/akinasu_yome.html#what

読み(正かな遣い):品詞区分

あきなすはよめにくわすな(あきなすはよめにくはすな):-

秋茄子は嫁に食わすなの意味

秋なすびは嫁に食べさせるな。〔(1)姑の嫁いびりと結びつけるもの、(2)種子がないので、子供に恵まれなくなるからというもの、(3)食べると体が冷えてよくないというもの、など種々の解釈がなされている。(1)の解釈が普通。同趣旨の諺(ことわざ)に「秋鯖(あきさば)嫁に食わすな」がある〕

秋茄子は嫁に食わすなの語源や由来

最終更新
2007-11-13T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/language/etymology/a/akinasu_yome.html#etymology

「秋茄子は嫁に食わすな」は、一般的には「嫁にはもったいない」との意味で使われ、同趣旨の諺に「秋鯖嫁に食わすな」、「秋かます嫁に食わすな」、「五月蕨は嫁に食わすな」とのものがある。いずれも嫁にはもったいないとの意味で用いられることから、姑の嫁いびりと結びつけるの説が妥当。

参考文献

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年11月13日 最終更新:2007年11月13日