あかんべいの語源

広告

広告

あかんべいとは

最終更新
2007-11-12T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/language/etymology/a/akanbei.html#what

読み(正かな遣い):品詞区分

あかんべい(あかんべい):名詞

あかんべいの意味

下まぶたを指で下げ、裏の赤い所を見せること。相手をからかったり、拒否や軽蔑の気持ちを表したりする時の行為。多く子供どうしがするしぐさ。あかべ。あかんべ。あかんべえ。

あかんべいの語源や由来

最終更新
2007-11-12T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/language/etymology/a/akanbei.html#etymology

語源は「赤目」であり、「あかんめ」から「あかんべ」、「あかんべい」と変化したと考えられている。下まぶたを指で下げると、眼球の下の血管が見えて目が赤く見えるため、「あかんめ」となったとの説が有力。

同じ仕草を「べっかんこう」と言うこともあり、これも「目赤う(めあこう)」が転訛した「めかこう」が語源といわれている。

参考文献

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年11月12日 最終更新:2007年11月12日