油を売るの語源

広告

広告

油を売るとは

最終更新
2007-10-31T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/language/etymology/a/abura_uru.html#what

読み(正かな遣い):品詞区分

あぶらをうる(あぶらをうる):-

油を売るの意味

仕事の途中で怠ける。むだ話をして時間を浪費する。

油を売るの語源や由来

最終更新
2007-10-31T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/language/etymology/a/abura_uru.html#etymology

江戸時代、髪油売りの商人が枡で量り売りをする際、油が枡から落ち切るのを気長に待つ間に、お客である婦女たちと話しにふけった様子が語源とされる。油は粘りがあるために滴が落ち切るのに時間がかかるとされるが、当時から要領よく仕事をさぼる者を「油を売る」と揶揄していたことをみると、時間がかかることにかこつけて無駄に話を楽しんでいたのではないかとも想像される。

尚、髪油ではなく行灯――当時の室内灯に用いる燃料――の油売りが語源との説もある。

参考文献

広告

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年10月31日 最終更新:2007年10月31日