アライメント【Alignment】

広告

広告

アライメントとは

最終更新
2007-01-01T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/design/alignment.html#what

各要素を配置する際には、共通の横の列や縦の行に沿って端が整うようにすることによって、統一感やまとまりが生み出されてデザイン全体の美しさと安定性が保たれます。場合によっては共通の中心に沿って中央が並ぶようにしたり、対角線に沿って要素を配列したり、円状に配列をしたりする場合もあります。

通常、右端や左端を揃えた各要素は、中央を揃えた各要素よりもアライメントの手がかりを強く与えます。特にテキストの段落では、中央を揃えて配置してもアライメントの手がかりを捉え辛いこととなります。多くの要素を持つ複雑なテキスト文書であればあるほど、左右両端を揃えた配置とすることが望まれます。

また、対角線に沿って各要素を配列する場合、その角度は30度以上としなければ見えない対角線が認知しづらく解りづらいこととなります。円やらせん状に各要素を配列する際にも共通して言えることですが、これらの場合は配置する要素の数を増やして配列路を目立たせる工夫が必要となります。暗黙の内に配列路が閲覧者によって決定されなければ、要素間の共通点が見つからないこととなり無秩序な配置と感じられるかもしれません。

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年01月01日 最終更新:2007年01月01日