リヒテンシュタイン

広告

広告

リヒテンシュタインの基本情報

最終更新
2007-04-20T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/w_europa/lie.html#basic
国・地域名(ISO 3166-1による英語名)
リヒテンシュタイン公国【Liechtenstein】。公式の英語表記は、Principality of Liechtenstein。
首都
ファドゥーツ【Vaduz】
国旗
リヒテンシュタインの国旗
人種
主としてゲルマン民族(外国人約34%)
言語
ドイツ語(公用語)
宗教
カトリック約80%、プロテスタント約7%
通貨
スイス・フラン:Swiss Franc(CHF)
3文字国名コード/2文字国名コード/数字国名コード
LIE/LI/438
人口/面積
33,436/160平方キロメートル(小豆島にほぼ相当)
国歌/国花/国鳥
若きライン川上流に/黄色のユリ/-
漢字による表記
列支敦士登
時間帯
UTC +1(DST: +2)
ccTLD
.LI
国際電話番号
423

リヒテンシュタインのその他情報

最終更新
2007-04-20T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/country/w_europa/lie.html#other

リヒテンシュタインの地形

リヒテンシュタインの場所

西ヨーロッパの中央部、アルプス山中に位置する国で、スイスオーストリアに囲まれている。ライン川上流部の右岸に広がり、南北に25km、東西に6km。国土は山がちで平均高度は500m。南下するほど高度が増し、最高峰はグラウシュピッツ山(2599m)。

リヒテンシュタインの気候

山岳気候だが温和。夏は25℃程度まで上がり、冬は-15℃より下がることは希。ヨーロッパでは多雨地帯で、年間降水量は1000〜1200mmに達する。

リヒテンシュタインの経済

農業人口はわずかで、低地では穀物、ジャガイモ、ブドウの栽培、山岳地では牧畜が行われる。工業では医療機器や顕微鏡などの精密機械と化学製品が輸出されている。その他観光、国際金融、切手発行も重要。またタックスヘイブンとしても知られ、節税を目的とする外国企業のペーパーカンパニーが集中、法人税が税収の40%に及ぶ。この結果、一般の国民には直接税(所得税、相続税、贈与税)もなく、世界でもトップクラスの生活水準を達成している。労働者の約半数はスイス、オーストリアから毎日越境している。

主要貿易相手国

輸出は約12.8%がスイス、約43.1%がEEA諸国。

リヒテンシュタインの歴史

リヒテンシュタインの文化

広告

当ページ作成にあたり、参考にさせてもらったリソース

Copyright (C) 2007 七鍵 key@do.ai 初版:2007年03月05日 最終更新:2007年04月20日