やぎ座(山羊座)

広告

広告

やぎ座の各種情報

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/cap.html#info

星図:やぎ座

略符Cap
属格Capricorni
英語での意味the Goat / Sea-Goat
制定者プトレマイオス
赤経/赤緯21 h / -20°
観測可能地域60° 〜 -90°
20時南中9月30日
広さ414 平方度
3等以上の星の数1
最も明るい星(視等級)デネブ・アルゲティ(3.0)
流星群Alpha Capricornids/Chi Capricornids/Sigma Capricornids/Tau Capricornids/Capricorniden-Sagittariid

やぎ座の主な星

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/cap.html#star
星名英名意味和名視等級スペクトル距離絶対等級
αGredi/Algedi(ギエディ/アルゲディ)子山羊-----
α1Prima Giedi(プリマ・ギエディ)第一の子山羊-4.53cG5p1000-
α2Secunda Giedi(セクンダ・ギエディ)第二の子山羊-3.77gG8110-
βDabih(ダビー)羊殺しの守り星-----
β1Dabih Major(ダビー・マイヨル)大きい方のダビー-3.25dF8250-
β2Dabih Minor(ダビー・ミノル)小さい方のダビー--B8--
γNashira(ナシラ)喜びの便り-3.80dF2p100-
δDeneb Algiedi/Scheddih(デネブ・アルゲティ/シュケディ)山羊の尾-変光A5n49-
ζ---3.86cG4p540-
θ---4.19A0170-

ギエディ/アルゲディ

アラビア語の al Jady(子山羊)が語源で、ギエディは定冠詞 al が抜けた形です。肉眼でも確認ができる二重星であるため、α1を第一のギエディ、α2を第二のギエディと呼びます。

ダビー

アラビア語の Al Sa'd al Dhabih(犠牲として捧ぐ羊を屠殺する者の守り星)が語源で、元々はこの星を含むアラビア第22宿の名称であったものがこの星の固有名称となりました。

ナシラ

アラビア語の Al Sa'd al Nashirah(夏の終わりの緑野の守り星)が語源で、元々はδ星に与えられた名称。喜びの便りの意とする説もあります。

デネブ・アルゲティ

アラビア語の Al Dhanab al Jady(山羊の尾)が語源で、この名称はγ星の固有名称だとされる説もあります。シュケディも同じくγ星に用いられます。

やぎ座の主な天体

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/cap.html#astronomy

やぎ座δ星の近く(天球上)で、海王星はドイツの天文学者ガレによって発見されました(1846年9月23日)。

その他

最終更新
2006-08-10T00:00:00+09:00
この記事のURI参照
http://www.7key.jp/data/constellation/cap.html#other

やぎ座の由来

ギリシアの神々がナイル川沿いで宴会を開いていたところ、突然怪物テュポンが現れました。驚いた神々は動物に姿を変えて逃げ、その際牧神パンはやぎに化けてナイル川に飛び込んだところ下半身が魚となり、その姿が大神ゼウス自身によって星座とされたと言われています。この神話からヨーロッパでのやぎ座は、角のある海山羊という想像上の動物とされています。

広告

Copyright (C) 2006 七鍵 key@do.ai 初版:2006年08月10日 最終更新:2006年08月10日